レゴ アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105をレビュー! 寺院や屋台の瓦屋根がおしゃれ

lego-asian-chinese-spring-festival-80105-review

レゴ アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105をレビューする。この春節のお祝いは赤ちゃんフィグを含む14体のミニフィグや寺院、春節の屋台などを組み立てるセットだ。

日本においても有名な中国の春節および旧正月のお祭りを再現しており、瓦屋根を多用した華やかな寺院や屋台が登場することが最大の特徴。

寺院や屋台はプリントパーツや提灯、対聯、植物によって彩られ、熊まんじゅうやパンダ、ウサギ、キャンディーなどの小物がたくさん付属するのも魅力的だ。

目次

レゴ(LEGO) アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105

ミニフィグが14体付属! 春節のお祝いを楽しむ多くの人々

パッケージの表

レゴ アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105のパッケージの表。ここには串焼きや花火、おみくじなどを持った多くの人々が春節のお祝いを楽しむ様子がプリントされている。

パッケージの裏

パッケージの裏。ここでは春節のお祝いの全体像や各屋台、梅の木などをおしゃれな縁取りを施して紹介している。また、ネズミや提灯や花火といったイラストが加えられた賑やかな背景も見所。

ピース数

春節のお祝いのピース数は全1664。やや高額なセットだけあってピース数はなかなか多い。ただ、完成したモデルはそのピース数から連想されるほど大きいものではないだろう。このピース数の中には瓦や花などの細かいパーツが豊富に含まれており、それが全体のピース数を押し上げているのだ。

ミニフィグ

春節のお祝いのミニフィグは14体付属。春節の参拝客や屋台の的屋などだ。ミニフィグは黒髪の人々がほとんどで、アジアらしさが感じられる。またメガネを掛けた人物が4人おり、ある程度人間のメガネ率を考慮しているようだ。

屋台の的屋

春節の寺院には屋台の的屋も多く参拝する。赤い服を着た風船屋台の青年、青い服を着て影絵人形劇に使う人形やドラゴンの頭を持ったシニアの男性、スターウォーズシリーズに登場するレイのジェダイ服のような衣料を着た花瓶屋台の女性などだ。

グルメなおじさんたち

春節の屋台ではグルメなおじさんたちの集いも。串焼きやアメを食べながら屋台の感想を言い合い、どの屋台が果たして最強なのかという議論を深めるのだ。

新しい道を歩み始めた女性たち

春節のお祝いには新しい道を歩み始めた女性たちもやってくる。彼女たち3人はかつて同じ一人の男性と結婚していた。しかしその男はお金は持っていたものの浮気癖がひどかった。そのため彼女たちは男を見限り、別の道を歩み始めたのだ。

そして今日、彼女たちは春節のお祝いにおいて偶然にも一緒になった。つい10分前まで離婚届が入っていたピンクの鞄を持つ女性、オレンジ色の髪を持つ女性、白いパーカーを着た女性・・・彼女たちは春節のお祝いを節目として、お互いの新しい未来を祈っただろう。

シングルファザーと子どもたち

春節はシングルファザーと子どもたちももちろん祝う。まだ哺乳瓶が必要な赤ちゃんやマフラーをしたツインテールの長女、ウシャンカを被った長男、そして彼らの父親によって構成された一家は、寺院の参拝とおみくじが主な目的だ。

父親は浮気癖がひどく、歴代の妻たち3人から見放された。3人の子供は3人の妻たちからそれぞれ1人ずつ生まれた子たちであり、全員母親が違う状況だ。父親はバツ3になり、妻たちに去られ、子供たちも母親を失った。

しかしそんな状況でもなんと子供たちは父親の元に残った。それは父親に経済力があったこともあるが、理由はそれだけではない。子供たちには優しく、とても面倒見がいい父親だったのだ。浮気した不信感は残りつつも、子供たちは父親が嫌いではなかった。

シングルファザーは残ってくれたその子供たちのため、生まれ変わると誓ったのだろう。だから今日も家族の交流も兼ねて春節のお祝いにやってきたのだ。彼は寺院に来ると自分が恵まれていることを噛み締めた。そしてすれ違った10歳年下の女性に目を奪われたのだった・・・

奇跡の再会

春節のお祝いでは奇跡の再会も訪れる。黒縁メガネを掛けた男性と赤いキャップを被った男性は兄弟だ。瓦が増殖するという謎の事態による市の封鎖のために分断され、長い間離れ離れになっていた。

謎の電波妨害や通信遮断によって連絡を取ることができず、お互いの安否も分からない。そういった状況が続く中、少年だった兄弟たちはいつの間にか青年になっていた。しかし平穏が戻ったある日、それも春節のお祝いにおいて兄弟は10年ぶりに涙の再会を果たすことになる・・・

瓦パーツの屋根がおしゃれ! 春節のお祝いにはパンダやウサギも登場

寺院

ここからは寺院や屋台をレビューしていく。まずレビューするのはこのセットにおいて最も大きな建物である寺院からだ。

このモデルは蒲鉾のような瓦パーツが多く活用されているのが特徴。その中でもこの寺院には最も多くの瓦パーツが使用されている。

二段の屋根だけでも78個もの瓦パーツ、柱付近の装飾用も合わせればもっと多くの瓦パーツが使われているのだ。そのまるでウニが大量に並べられたようなとろけそうな屋根は、華やかでとてもおしゃれ。

タイルパーツ

寺院には瓦パーツだけでなく、プリントパーツによる装飾や提灯の要素もある。このセットにはシールが一切付属せず、細かいデザインは全てプリントが施されたタイルパーツによって表現。タイルパーツのプリントは非常に細かく、ドラゴンの繊細な毛先まで鮮明に描かれているのだ。

二列の階段

寺院には二列の階段もある。この白い階段は大部分がタイルパーツであり、滑らかな作り。このタイルが雪を表現しているのか、デザイン上なのかは分からないが、上品な仕上がりだ。また一部の段にポッチを備えていることから、ミニフィグを途中の段に固定することもできる機能性も。

赤い花

寺院を彩るのは屋根瓦や提灯だけではない。寺院の周りには赤い花も植えられている。多くの花軸と葉っぱと花びらによって複雑に構成されたこの花は、後述の梅の木とともに美しい植物のひとつだ。この鮮やかな赤い花が咲いていれば、めでたい春節のお祝いをさらに豊かにするだろう。

青い瓦屋根の屋台

ここからは寺院のそばに出店されている屋台をレビューしていく。まず青い瓦屋根の屋台からだ。この青い屋台では花瓶や粘土の置き物を売っている。

花瓶

花瓶はサイズやデザインが異なる4種類が販売。自分が持っている花の大きさや形状に応じて花瓶を選べるラインナップだ。

粘土の置き物

粘土の置き物はここで買った5色の粘土を使って購入者が作ったもの。どうやらこの体験屋台では人形を作れるらしく、棒にはマイクロフィグがいっぱい刺さっている。

影絵人形劇

赤い屋根の屋台は影絵人形劇をしたり、花火を販売。

花火

花火は屋台の側面にあるボックスやクリップに6つ陳列されている。花火の太さを見るに、春節のお祝いにふさわしく盛大な花火が上がりそうだ。

子供受けするラインナップ

もうひとつの赤い屋台では風船や紙風車、動物と飛行機のおもちゃが販売。この屋台はその子供受けするラインナップから、数ある屋台のなかでも最も多くの子供たちの足を向かわせる。

紙風車

充分な在庫を備えた紙風車は、子供たちの買い占めにも耐えるだろう。ただ、風船はやや早い者勝ちという雰囲気があるかもしれない。

おもちゃ

アヒル、パンダ、ウサギ、ネズミ、プロペラ機・・・例え紙風車や風船が品薄になったとしても、おもちゃの豊富なラインナップが子供たちを惹きつけ続ける。

茜色の屋台

茜色の屋台ではバーベキューの串焼きやチキン、熊の顔が書かれた饅頭、クッキー、タルト、キャンディーが販売。この屋台は春節のお祝いにおける食事処および甘味処のひとつであり、ここには多くの食通が足を運ぶ。

クマまんじゅう

この屋台の名物であるクマまんじゅうには熊の顔がプリント。この熊の顔はエレコム社のモバイルバッテリーやケーブル、マウスなどにプリントされている顔マークに近いものが感じられ、とてもかわいい。

赤いキャンディー

赤いキャンディーは他のセットにおいて植物の枝に使われるパーツを棒に見立て、何本も刺さっている様子を再現。これは先述の花に似た組み方となっており、やや複雑さがある。

梅の木

春節のお祝いの名所は寺院や屋台だけではない。たくさんの花を咲かせる梅の木もまた名所のひとつだ。このウメの木は雪が積もった白い枝に赤い梅の花が印象的に咲き誇る。瓦屋根のカラフルさに負けず劣らずの見事な鮮やかさだ。

レゴ アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105の総評

このレゴ 中国フェス 春節のお祝いはやはり3色の瓦パーツによるカラフルな屋根が強烈なファーストインプレッションを感じさせるセット。1×1の瓦パーツがずらっと並べられた屋根はこのセットのクオリティや壮観さを高めている。

また全ての世代が網羅された14体のミニフィグや多くの小物も魅力。これだけのミニフィグがあれば大規模な春節のお祝いを十分に賑わせることができるし、小物はお店の充実感を膨らませてくれる。

レゴ(LEGO) アジアンフェスティバル 春節のお祝い 80105

次の記事
前の記事

スポンサーリンク

関連記事


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。