MCU最強のヒーロー!? レゴ スカーレット・ウィッチのミニフィグをレビュー! ミニフィギュア マーベルスタジオ 71031

lego-minifigures-marvel-studios-71031-scarlet-witch-review

レゴ スカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフのミニフィグをレビューする。マーベル・スタジオが製作し、Disney Plusにて配信のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』に登場するスカーレット・ウィッチをミニフィグ化。頭部の印象的なティアラや赤いオーラが再現され、とてもかっこいいデザイン。MCU最強のスーパーヒーローともいわれるスカーレット・ウィッチにふさわしい仕上がりだ。

レゴ(LEGO) ミニフィギュア レゴ(R)ミニフィギュア マーベルスタジオ 71031

ティアラと赤いオーラがかっこいい! レゴ スカーレット・ウィッチのミニフィグ登場

MCU最強

スカーレット・ウィッチはX-MENに登場するマグニートーを父に持ち、クイックシルバーが兄、ビジョンが夫という強力なメンバーと繋がりがあるスーパーヒーローだ。その本人もヒドラという組織による人体実験の結果、念動力およびテレキネシスやエネルギー波などの特殊な超能力を獲得。その能力はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)最強との呼び声も高い。

なお、71031には夫であるホワイト・ヴィジョンのミニフィグもラインナップされているため、夫婦で共演させたい場合はそちらも入手しよう。

レゴ(LEGO) ミニフィギュア レゴ(R)ミニフィギュア マーベルスタジオ 71031

6つの要素で構成

レゴ スカーレット・ウィッチのミニフィグはヘアパーツやヘッド、ネック、トルソー、レッグ、エフェクトパーツといった6つの要素で構成。スカーレット・ウィッチの個性を表すティアラやマント、レザー感のある服、赤いオーラなどが造形やプリントによって忠実に再現されている。

そして、その全ての要素で共通する点は赤色。スカーレットという名にふさわしく赤色が基調になっており、ミニフィグにおいても劇中のように非常に力強い雰囲気だ。その力強さとかっこよさは、レゴ ミニフィギュア マーベルスタジオ 71031において最も注目すべきキャラクターといって間違いない。

なお、スカーレット・ウィッチのミニフィグがレゴセットに付属することは少ないが、レゴ スーパー・ヒーローズ アベンジャーズ:エンドゲーム 最終決戦 76192にも登場。しかし、ティアラやマントの有無、肩出しトップスではないこと、プリントの密度など多くの点において違いがある。

それはモチーフになった映像作品が異なるということもあるが、今回のスカーレット・ウィッチのほうが単体で見ればやはりゴージャスな塗装だ。ただ、76192では派手なエフェクトが多数付属するため、そちらもまた違った魅力があるのは確かである。

レゴ(LEGO) スーパー・ヒーローズ アベンジャーズ:エンドゲーム 最終決戦 76192

赤いマント

スカーレット・ウィッチの赤いマントにはしっとりとした素材を採用。パリッとしたタイプではなく、光沢が感じられるようなマントだ。この艷やかな雰囲気によって深紅のマントの鮮やかさや優雅さが最大限に高められているように見える。まさに赤いコスチュームを身に着ける“赤い魔女”を象徴するようなアイテムだ。

ティアラ

スカーレット・ウィッチのミニフィグにおける最も個性的な部分は頭のティアラ。劇中においてまるで女王のように身に付けていたティアラが、ミニフィグでも再現されている。

このティアラは以前レビューしたレゴ ハリー・ポッター ホグワーツ 天文台の塔 75969に付属するラベンダー・ブラウンのリボンのように別パーツ化されておらず、ヘアパーツにプリントおよび一体化する形で表現。だから取り外したり、髪だけにはできない。

しかし、プリントといってもティアラは立体的に表現されているから存在感がある。とりあえずティアラを塗っておいたというような適当感は全くないのだ。ちゃんとスカーレット・ウィッチのミニフィグのアピールポイントになっていて、素晴らしい存在感を放っている。

デュアルフェイス

スカーレット・ウィッチのミニフィグはデュアルフェイス仕様。口が開いている通常の顔を180度回転すると、口が閉じて目が赤くなった顔に切り替えられる。赤い目のスカーレット・ウィッチは力強さにやや怖さが加わった印象。この赤い目はおそらく特殊能力を発動したときのバージョンだと思われるが、スカーレット・ウィッチのギアを上げた感がとても効果的に表現されている。

赤いオーラ

スカーレット・ウィッチのミニフィグにおいてティアラの次に特徴的な要素、それが赤いオーラだ。赤いオーラは念動力(テレキネシス)やエネルギー波などの超能力を使用したときに発現。本来は炎や煙のような緋色のオーラを、ミニフィグでは大振りな赤いクリアパーツによって豪快に表現した。

この赤いエフェクトパーツには持ち手が付いており、もちろんスカーレット・ウィッチのミニフィグに持たせることが可能。劇中よりも迫力のあるエフェクトパーツによってスカーレット・ウィッチのパワーが増幅しているように見え、かっこよさもさらに高まっている。でもクールなだけではなくて、角度によっては猫パンチのようにかわいく見えることも。スカーレット・ウィッチのかっこよさと愛嬌を表現できるアイテムとしてベストチョイスだといえるだろう。

ミニフィグスタンド

スカーレット・ウィッチのミニフィギュアにはアーム付きミニフィグスタンドが付属。このスタンドに固定すれば、スカーレット・ウィッチのアクションポーズはさらに柔軟なものになるはずだ。ジャンプして空中での戦い、超能力による浮遊、スカーレット・キックなど様々なポージングを楽しもう。

次の記事
前の記事

スポンサーリンク

関連記事

lego-minifigures-series-20-71027-viking-review レゴ バイキングのミニフィグをレビュー! ミニフィギュア シリーズ20 71027

レゴ バイキングのミニフィグをレビューする。バイキン...記事を読む


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。