レゴ シャークアーミー グレートホワイトのミニフィグをレビュー! ニンジャゴー ザ・ムービー ミニフィギュア 71019

71019ski

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィグは、レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー ミニフィギュアシリーズ 71019および3DCGアニメーション映画作品『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』に登場するキャラクターだ。ホホジロザメは英名でグレート・ホワイト・シャークというようだから、ホホジロザメ属に分類されるサメ男だろう。サメの頭の被り物が黒色であることは珍しく、全身のプリントが凝っていることも魅力である。

ホホジロザメの戦士!? 黒いシャークアーミーが登場

パッケージの表

パッケージの表。前列にロイド、スピン術修行中のニャー 、ウー先生、ジェイ・ウォーカー、後列にNポップガール、シャークアーミー オクトパス、ガーマドン、剣道カイ、寿司シェフがプリントされている。

パックを開封

パックを開封すると、中には8ピースとカタログが入っている。パーツは全体的にカタログと似た色合いやデザインであることが面白い。

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィギュア

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィギュアが完成したところ。シャークアーミー グレートホワイトはサメ頭のヘアパーツ、太眉のヘッドパーツ、バックパックのネックパーツ、ジャラジャラとしたボディパーツ、焼け跡のレッグパーツ、火を噴く魚の武器によって構成されている。

ボディパーツにはネクタイや飾緒、サメ型勲章、サム・ブラウン・ベルト、バックル式ベルトなどがプリント。下地の紺色の割合がとても少なくなるほど豪華に装飾が施されている。飾緒や勲章を身に着けていることから、グレートホワイトは将校クラスなのだろう。

レゴ(LEGO) ニンジャゴー ガーマドンの火山基地 70631

レゴ(LEGO)ニンジャゴー マンタ・ボンバー 70609

サメの頭の被り物

サメの頭の被り物はサメの目や歯、ふたつの焼け跡、第一背鰭などがデザイン。肩当てや胸当てとも一体化されていて、ボンベと合わせたその見た目はまるで潜水士のようだ。また、サメの頭が黒色になっている点も特筆すべき点である。ガーマドンの火山基地 70631やマンタ・ボンバー 70609などにも似たようなシャークアーミーが登場しているが、サメ頭の被り物が黒いのは珍しい。他のシャークアーミーはたいてい現実のサメのようなグレーのサメ頭になっているのだ。

空気ボンベ

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィグの後ろ姿。背中には2本の空気ボンベを背負う。ガーマドンの火山基地 70631のシャークアーミーは空気ボンベを背負っていないバージョンであったため、今回のグレイトホワイトは豪華なうちに入るだろう。

火炎放射器

レゴ シャークアーミー グレートホワイトのミニフィグは手に火炎放射器を持つ。火炎放射器は魚のアクセサリーパーツと炎のクリアパーツによって構成されており、魚の口から火を吹く格好だ。水属性のキャラが火を武器として扱う・・・一見相容れない関係である水と火の組み合わせは面白い。

なお先述で空気ボンベといったが、火炎放射器の場合は空気ボンベではなく火炎放射器用のシリンダーを背負っている可能性がある。筆者は映画『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』を視聴していないこともあるが、ここは判断が難しいところだ。

また武器が火炎放射器ではない場合も考えられる。魚が火を吹いているのではなく、ライトセーバーのように炎の刃を使ったフィッシュソードである可能性だ。この場合、背中に背負っているものは空気ボンベしか考えられないだろう。しかし、体中に焼け跡のプリントがなされているため、おそらく武器は火炎放射器であろうと思われる。

太眉メイク

ヘッドパーツにはまるで筆文字のようなかなり太い眉毛や澄んだ瞳、シワ、大きく開いた口、歯が1本分欠けて丁字路のようになっている歯並びなどがプリント。サメの頭の被り物によって隠されていた太眉が露わになるとイメージが変わる。サメ頭のときは歴戦の青年風だが、サメ頭を取ると気性の激しそうなおじさんに見えるのだ。ただ最近は太眉メイクが女性たちの間で流行しているため、彼はトレンドを押さえているといえるだろう。

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィグのおすすめ度

レゴ シャークアーミー グレートホワイト ミニフィグのオススメ度は5点中4点。相手を威嚇するようなかっこいいサメ頭はもちろんのこと、全身のプリントもたっぷりで豪華だ。特に頭や腕や足など要所に印刷された焼け跡はいいアクセントになっており、かっこよさを倍増させている。グレートホワイトはおそらくシャークアーミー系の中においてもっとも充実した装備とペイントも誇っていて、ホホジロザメの称号にふさわしいミニフィグなのだ。

次の記事
前の記事

スポンサーリンク

関連記事

71010pm レゴ 植物モンスターのミニフィグをレビュー! ミニフィギュア シリーズ14 71010

レゴ 植物モンスターのミニフィグは、レゴ ミニフィギュア...記事を読む


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。