銀色のC-3POが登場! レゴ SW 75146の16日目

75146sw16d

STAR WARSの全てを見届けるもの・・・そう、あのドロイドが登場だ。レゴ スター・ウォーズ アドベントカレンダー2016の16日目をレビューする。

レゴ 75146 16日目

箱の中央下のあたりから袋を取り出している。

レゴ 75146 16日目の開封

なんと全3パーツ。

レゴ 75146 C-3PO

上半身にヘッドとレッグをはめるだけで、全身銀ピカのC-3POが完成。被り物やバックパックなどを必要としないため、とても簡単に組み上がった。おそらくカレンダーの中で最もパーツ数が少なく、最も速く組み終わるミニフィグとなるだろう。それも武器を持たず、分厚い装甲もつけない平和なロボットゆえなのだ。

レゴ 75146 C3PO

C-3POといえばその特徴的な外見の中でも特に印象的であり、唯一金色ではない部分がある。それは胴のあたりであらわになった内部フレームと張り巡らされた配線だ。これはミニフィグのC-3POでももちろん再現されている。腹部から腰にかけての黒い部分と赤・青・白のコードがそれだ。赤と青のコード・・・なぜだろう? なんだか無性に何かを解除しなければという衝動に駆られてしまう・・・だが、少し落ち着こう。彼は兵器ではないのだ。

レゴ 75146 銀色のC-3PO

銀色の外装は光の具合によってピッカピカになる。C-3POは旧三部作において、右足の膝から下がシルバーだったらしい。彼にとって冬仕様の銀色ボディになるというのは特別なことではないのかもしれない。これが廃品のころから存在し続け、あらゆるシーンに顔を出し、どんな状況でも生き抜いてきた輝きなのだ。

レゴ 75146 走るシースリーピーオー

ミニフィグとなった彼は両腕を大きく振って走るポーズをとることも出来る。実際のシースリーピーオーは可動範囲が狭いこともあり急いでも小走りだったが、今の彼はとてもスポーティーだ。100メートルを8秒で走ることも不可能ではないかもしれない。

次の記事
前の記事

スポンサーリンク

関連記事

75146sw10d ヴェネター級スター・デストロイヤー! レゴ 75146の10日目

銀河共和国の大型宇宙船が小さく再現された。レゴ スター・...記事を読む

75146sw7a 銀河帝国の新兵器は雪だるま!? レゴ 75146の7日目

銀河帝国は新兵器を生み出したのだろうか・・・レゴ スター...記事を読む

75146sw23i 反乱同盟の軍用ソリ! レゴ スター・ウォーズ 75146の23日目

収納袋付きの機能的なソリが登場だ。レゴ スター・ウォーズ...記事を読む


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。