6基のエンジンが動くタンティブIV! レゴ 75146の15日目

75146sw15e

全てのエンジンを動かすことが出来る宇宙船が登場。レゴ スター・ウォーズ アドベントカレンダー2016の15日目をレビューする。

レゴ 75146 15日目

雪原のAT-ATとツリーの間から袋をつかみとる。

レゴ 75146 15日目の開封

白・赤・灰色の全17パーツ。やたらとミニフィグの手のようなパーツが多い。

レゴ 75146 タンティブIV

反乱同盟側のタンティヴIV(Tantive IV)が完成。LEGO レゴ スターウォーズ タンティブIV 10198のミニバージョンだ。イカやクラゲのような形をしている。全ての武装はざっくりと省かれているが、エンジン部分がやけに凝っていてかっこいいのだ。

レゴ 75146 タンティヴIV

実際のタンティブ4には11基のエンジンがある。ここではそのうちの6基が再現されている。エンジンは一体型でなく1基ずつはめており、またクリップパーツで接続しているため、それぞれ個別に動かすことが可能。

レゴ 75146 タンティブ4

このように上下に動かすことが出来る。エンジンを下に動かせば宇宙船の後部が浮いて前のめりになり、イカのヒレが海底に突き刺さったようなおもしろいポーズになる。

レゴ 75146 タンティブIVのエンジン

実際のタンティブIVはエンジンを可動させることができない。だがレゴのタンティブなら話は別。1基ずつ動かす高さを変えればフレキシブルな表現が可能だ。まるで管楽器のように音が出てきそうな見せ方もできる。

タンティブIVの子どもみたいなこのタンティブ・ジュニアは、エンジンをいじっているだけで楽しめるのだ。小さいと侮ってはいけない。きっと大人でも遊び心を刺激されてしまうはず。さあ、タンティブjr.だけが備えたエンジンの表現力で、自分の最高の角度を見つけよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ レゴにほんブログ村 人気ブログランキングへ

次の記事
前の記事

スポンサーリンク

関連記事

75146sw2i TIEファイター出撃! レゴ 75146の2日目をレビュー

1日目に続きLEGO スター・ウォーズ アドベントカレン...記事を読む

75146sw21c ルークより先輩のストームトルーパー! レゴ 75146の21日目

最も有名な白い兵士が登場。レゴ スター・ウォーズ アドベ...記事を読む

75146sw17a 二足歩行の発電機!? GNKパワー・ドロイド! レゴ 75146

まるでピグモン?! レゴ スター・ウォーズ アドベントカ...記事を読む

75146sw6i 寒冷地仕様のスノートルーパー! レゴ SW 75146の6日目

ホスの戦いの第二弾、寒冷仕様の兵士が登場。レゴ スター・...記事を読む


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。