ミニ建機とトイレがかわいい! レゴ 60072をレビュー

60072

レゴ シティ 解体工事スタートセット(LEGO City Demolition Starter Set)は2015年1月16日に発売。トイレの解体現場を再現したキットだ。小さくても再現度の高いブルドーザーとトイレが魅力。さっそくレビューしよう。

開封する

箱を開けると組立説明書、パーツの入った小さな袋と大きな袋が出てくる。パーツ数は85。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 パーツ1

小さい袋のほうはトイレ用のパーツやミニフィグのヘッドパーツ、透明パーツなど小さな部品で構成されている。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 パーツ2

大きな袋には主にブルドーザー本体を組み立てられるパーツが入っており、ミニフィグやトイレのレンガパーツなども含まれる。

ミニフィグ

ミニフィグは4体付属する。現場監督1人と解体作業員3人だ。左から、女性の作業員、現場監督、運転士、男性の作業員。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 ミニフィグ

女性作業員はヘルメットと一体になった長い髪を後ろで束ね、グレーのパーカーの上にファスナー付きの2つの胸ポケットがあるオレンジ色の作業服を着て、ベルトの後ろのポケットには無線機を入れ、灰色の作業用手袋をし、身の丈ほどもあろうかという大きなハンマーを持つ。唯一の女性である彼女はハンマーを振り下ろすという、おそらくこの現場でもっともパワフルな仕事を任されていて、その活躍ぶりが容易に想像できる。また、力仕事の最中でもマスカラや口紅を塗ってお化粧しており、常におしゃれな女性でもあるのだ。

現場監督は茶色い口ひげを生やし、白いワイシャツにネクタイをつけ、黒いズボンを赤茶色のサスペンダーで吊り上げ、手には赤い拡声器を持っている。Yシャツの胸ポケットにはペンのようなもの、ベルトのポケットには定規のようなものが入っているようだ。彼は他の作業員と比べて軽装であり、手袋もしていない。また、危険を伴う現場において唯一ネクタイをなびかせている人物であることからも、現場監督として指揮に専念していると分かる。

運転士(オペレーター)はネイビーの作業服を着て、ハーネス型安全帯を装備し、帯のポケットにはレンチが入っている。とても険しい顔をしていて、こめかみの辺りには汗がにじむ。仕事に集中しているようだ。プロフェッショナルを感じざるを得ない。彼の仕事は周囲から認められているだろう。

最後は削岩機(ジャックハンマー)を持った作業員だ。ヘルメットと一体型のイヤーマフや保護メガネや手袋を装備し、ブラウンのシャツの上に作業服を着て、後ろのベルトのポケットには青いペンチが入っている。イヤーマフは削岩機が発する騒音から耳を守り、防塵メガネは削った破片の飛散から目を守るためのものだ。彼は作業員の中で一番装備が充実しており、それだけデンジャラスな仕事のはずだが、白い歯を見せて笑っている。彼の笑顔からは場数を踏んできた余裕が感じられ頼もしいかぎりだ。

組み立てる

トイレとブルドーザーを組み立てていく。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 トイレ

このセットの目玉のひとつ、トイレを組み立てているところ。トイレの壁は茶色とグレーの煉瓦がふんだんに使われている。豪華なトイレだ。でも残念! 上から横から水が噴出しているのが分かるだろう。一見すると、作業員達はこの噴水のようなトイレを修理しにやってきたと思える。しかし彼らはその逆、破壊しにきたのだ。水は壊れたのではなく壊されたために噴き出しているのだろう。噴き出すものを拒まない、実にワイルドな現場だ。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 タイヤ

ブルドーザーを組み立てている。4つのタイヤにはそれぞれホイールをはめていく必要がある。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 ブルドーザー

こちらが完成した黄色いブルドーザー。デフォルメかわいい。だけど重機の雰囲気もある。バケット、運転席、前後に動かせる2つのレバー、キャノピー、4輪で構成。バケットは解体した瓦礫や破片を運ぶためのもの。爪や歯のようなギザギザがついたシャベルがそれだ。キャノピーは運転士を保護する屋根。運転席を覆っている骨組みのような黒い枠だ。後部のヒンジパーツによって開閉することが可能。このキット唯一のギミックと言っていいだろう。キャノピの上部にはオレンジのクリアパーツが取り付けられ、黄色回転灯を表現。ヘッドライトやバックライトもクリアパーツで表現されている。

※ブルドーザーではない

ここまでブルドーザーと言ってきたが厳密には違うようだ。ブルドーザーは戦車のようにクローラー式(キャタピラ式)で走行するものを指すらしい。しかしこれにはクローラーはなく、4つのタイヤがついている。このようなタイプをタイヤ式と呼び、ブルドーザーとは異なる建設機械であるとのこと。レゴの商品説明でもフロントローダーとなっている。建機の形状的にはホイールローダーかショベルローダーではないだろうか。

充実した解体風景

最後に完成したセットで遊んでみる。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 バケット

現場監督は部下たちから慕われているのだろう。バケットに乗せられてリスペクトを示されている。

レゴ シティ 解体工事スタートセット 60072 コーン

解体対象のトイレ、フロントローダー、付属のカラーコーンを並べれば、充実した解体風景に。

次の記事

スポンサーリンク

関連記事

xmastreeday2018i サンタクロースと不思議な聖樹! レゴ クリスマスツリーの日 2018

2018年12月7日(金)はクリスマスツリーの日だった。...記事を読む


※HTMLタグは使えません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。